周辺視野


下のイラストのように、ボールを注視した場合、周辺視野が狭いと相手コートの人が何処にいるのか分かりにくい状況となっています。
しかし、周辺視野が広い場合、相手選手が何処に動いたか、また何処で守っているのかが分かります。

 

              周辺視野が狭い場合                  周辺視野が広い場合

 バレーボールでスパイクを打つ場合、セッターが上げたボールから目を離すことなく相手コートに打ちます。
 ボールに意識を集中して見れば見るほど周辺視野は狭くなります。
 その時に周辺視野が広ければ相手選手のブロックの位置、レシーブに入った選手の場所がある程度分かるようになります。

 そのほか、瞬間的に相手コートを見て再度ボールに目を戻し打つ場合もありますが、正確でスムーズな眼球運動や両眼視機能が求められます。